【ミッケ】5月はお誕生月 10歳になったのにゃ なのに洗濯機に入って焦っている写真とは!

 ちょいとごぶさたしてしまいました。ミッケでしゅ😻 早いもので公園で生まれて10年、大風邪をひき、命の恩人に助けてもらい、今のママと暮らすようになって9年が経ちました。公園で生を受けてから1年間はサバイバル生活だったけど、その後は穏やかな生活。公園から救出してくれたおねえさんには、感謝!感謝!なのにゃ。(一緒に暮らしているママにも、感謝オマケ)

f:id:megmikke:20220318211312j:image こんなめでたい時ににゃんだけど、こないだ洗濯機の中に勢いよく飛び込んだら、内蓋が閉まり閉じ込められた。表情がよくわからなかったら、ピンチして拡大してにゃ。ピンチ? 今のあたし?
f:id:megmikke:20220318211318j:image 「ママ〜、写真なんて撮ってないで、早く助けて! ここから出してにゃ」。
f:id:megmikke:20220318211315j:image 「早く〜!」。

それにしてもこの洗濯機、年季が入ってるにゃ〜。軽く10年以上は使っているらしく、あたしより年上だにゃ。
f:id:megmikke:20220318211321j:image やっと出られた。うれしさ半分、ムッとした気分半分。

f:id:megmikke:20220514083117j:image 辛気臭い顔で寝る、いつもの日常が戻ってきた。

 バースデイ・ケーキは食べられにゃいので、Shebaの高級カリカリを買ってもらったのにゃ。にゃんでも「おいしさ、リにゃ〜アル」にゃんだそうだ。

f:id:megmikke:20220515233555j:image が、食べ比べていないので、よくわからにゃい。4種類の味があるという。まあ、とにかく味が増えるのはいいコトなのにゃ。

 実はこないだ、毎日、同じ味のカリカリばっかりなので、さんざん食べてから、ゲボっと謀反を起こした。時間がない朝、ママは慌てて後始末をしてたのにゃ、ククッ。

 さて次回は、飛び箱ジャンプする写真も載せたいとママが言ってました。飛び箱ジャンプとは?!お楽しみににゃ〜😻

【散歩】築地川銀座公園 数十年に一度?100年に一度?咲くナゾ多き植物「竜舌蘭」(リュウゼツラン) 定点観測

追記:5/11 添え木登場

2022年4月1日 初めての出会い

f:id:megmikke:20220421233748j:image
f:id:megmikke:20220421233745j:image
f:id:megmikke:20220421233739j:image
f:id:megmikke:20220421233742j:image 築地川銀座公園に竜舌蘭(リュウゼツラン) の花が咲いている!数十年に1回だけ咲く珍しい花という話を聞き、行ってみた。ご年配の夫婦など、見に来ている方々がちらほら。「あっ、やっぱり有名なんだ」と思っただけで、肝心の開花状況は撮り忘れた。

 ネットで検索してみたらこの花を鑑賞できることは、想像を遥かに超えて貴重な機会だということが、植物にはまったく詳しくないあたしにもわかった。

アガベ奇跡の開花! ニュースでも話題になった貴重な2種の花を公開 | GardenStory (ガーデンストーリー)

築地川銀座公園 アガベ・ベネズエラ(リュウゼツラン)について 中央区ホームページ

 

2022年4月5日 近づいて撮影

f:id:megmikke:20220421234720j:image というわけで、写真を撮りに行った。
f:id:megmikke:20220421234734j:image
f:id:megmikke:20220421234729j:image 謎が多い花で、いつまで咲き続けるのか、どの時点で満開と言えるのか、わからないことも多いんだそう。100年に1回だけ咲くという説があることから「センチュリープラント」という別名があったりする。

本当に100年に一度しか咲かない?“センチュリープラント”について園芸研究家に聞いてみた - sotokoto online(ソトコトオンライン) - 未来をつくるSDGsマガジン
f:id:megmikke:20220421234723j:image 素人目にもかなり咲いてきている印象。
f:id:megmikke:20220421234743j:image
f:id:megmikke:20220421234740j:image 「花」という概念?!とは、ちょいとイメージが違ったりするかも。
f:id:megmikke:20220421234718j:image
f:id:megmikke:20220421234726j:image
f:id:megmikke:20220421234737j:image
f:id:megmikke:20220421234715j:image
f:id:megmikke:20220421234731j:image 検索すれば何でもわかってしまう(わかった気になってしまう) 今日この頃。「わからない」という神秘性は、貴重だと思う。高貴さすら感じてしまう。

 

2022年4月19日 下部は茶色くなってきたが 上部はムチムチ

f:id:megmikke:20220421235758j:image 約2週間ぶりに訪問。ちょっと間が空いてしまったら、茶色くなっている花もあった。咲き終わったんだろうか。

f:id:megmikke:20220421235752j:image とはいえ、上部には開花しそうな部分も。よくよく見ると、ムチムチにふくらんで、今にも弾けそうだ。

f:id:megmikke:20220421235750j:image
f:id:megmikke:20220421235741j:image
f:id:megmikke:20220421235755j:image
f:id:megmikke:20220421235747j:image
f:id:megmikke:20220421235744j:image 

 

2022年4月25日 さほど変わらず

f:id:megmikke:20220426201741j:image 案外、変化が少なかった。全体の真ん中あたりは満開だけど、少し茶色くなっている。てっぺんもムチムチが少し開花している。下の部分は枯れているから、下から上に向かって、ゆっくり咲いていくんだろう。マスクをしているせいかもしれないけど、花の香りは感じられなかった。

f:id:megmikke:20220426201738j:image
f:id:megmikke:20220426201735j:image
f:id:megmikke:20220426201733j:image
f:id:megmikke:20220426201730j:image

 

2022年4月27日 スズメバチ?!飛来

f:id:megmikke:20220505081517j:image
f:id:megmikke:20220505081510j:image 信号待ちで、ふと目を向けるとハチがいた。銀座のど真ん中にも自然は残っているんだなぁ、と感無量。それなら竜舌蘭にもハチがいるかも?!と思い、向かった。
f:id:megmikke:20220505081507j:image 拡大すると、スズメバチらしき大きなハチが飛んでいるのが見える。
f:id:megmikke:20220505081504j:image これも拡大すると大きなハチを確認できる。ちょいとこわいくらい大きい。怪獣に変身して、ウルトラマンに悪役で登場しそう。
f:id:megmikke:20220505081501j:image
f:id:megmikke:20220505081513j:image 見えやすい表面に移動。おいしいのかなぁ、竜舌蘭の蜜。
f:id:megmikke:20220505081458j:image ところで、どのくらい都会かっていうと、この公園の下には首都高が走ってる。以前ほど、大渋滞ではないにしても。

f:id:megmikke:20220505081555j:image 6本の竜舌蘭を全部収めて、はい、ポーズ📷
f:id:megmikke:20220505081559j:image たそがれ。

 

2022年5月5日 終わりの始まりなんだろうか

f:id:megmikke:20220506083320j:image 1週間ぶりに行ってみると、1本が傾いているように見えた。花も満開が過ぎた感じ。竜舌蘭は花を咲かせると枯れてしまう、というのは本当なのかもしれない。
f:id:megmikke:20220506083313j:image 竜舌蘭に親しみを持つようになっていて、思わず涙💦
f:id:megmikke:20220506083310j:image 
f:id:megmikke:20220506083316j:image
f:id:megmikke:20220506083323j:image 今日はハチも見かけなかった。

 

2022年5月11日 添え木登場

f:id:megmikke:20220512190102j:image 傾き、このまま倒れてしまうのか?と思いきや、添え木が設置され、リュウゼツランは踏んばっていた。地面に近い部分は赤くなってきたが、最先端あたりも地道に咲いてきていた。
f:id:megmikke:20220512190105j:image
f:id:megmikke:20220512190059j:image てっぺんもほんの少し咲き始めているよう。

 

【映画】ジョージア映画祭@岩波ホール『ナイロンのクリスマスツリー』大晦日の夜 様々な人々を乗せてバスは走る

 

f:id:megmikke:20220220173752j:image 

 この作品を観たのが、2022年2月20日。ロシアがウクライナに「侵攻」したのが、2月24日。ジョージアウクライナと同じようにロシアと領土問題を抱えていることを知り、いろいろ考えてしまい、アップできなかった。

 ジョージアは長い長い歴史を持ち、独自の文字を持つなど文化的にも深い国だが、旧ソ連邦の国として「次は自分たちの国にロシアが攻め込んで来るのではないか?」と不安でいっぱいの日々を送っている人々が、たくさんいるという。

「特別軍事作戦」という言葉を使っても、独立した国に軍事侵攻するのは「戦争」だと考えます。たとえどんな理由づけをしても。国の独立性が保たれ、独自の文化は大切なものとしてリスペクトされるのが当然だと思う。

 「侵攻」について書き出すとキリがないので、まずはいったん映画の紹介をすることにします。

f:id:megmikke:20220226183613j:image 映画館のロビーに置いてあった地図。
f:id:megmikke:20220226183616j:image ジョージアは、けっこう最近まで、日本で「グルジア」と呼ばれていた。(2015年4月22日 国名呼称変更) ジョージア基礎データ|外務省

f:id:megmikke:20220226183611j:image 行ってみたいなぁ。特に「シグナギ」という大きい村。それにしても、昔、小学校の教室で使っていた教材みたいな地図、レトロ感がたまらなく好き。

f:id:megmikke:20220220175711j:image 

1985年の作品(モノクロ)。観ていると、まるで自分もバスに乗っているかのような錯覚に陥った。まわりのクルマは旧ソ連製のLADAのようなカタチ。昭和の子供が、絵に描くような直角だらけのセダン。1980年代のスペインでも、まだ走ってたっけ。

 バスは満員。赤ちゃん、子羊、ダチョウ?を連れている人もいるのに、何度もタバコを吸う人がいる。そしてついにドライバーが「降りろ!」と命令する。

 案外、あっさり本人は降りる。この時にはもうずいぶん長くバスに乗っていて、時間の感覚もないくらい。外は真っ暗。すっかりあたしもバスに乗っている気分。

 その後、ずいぶん長く走ってから、誰かが「あの男を降ろしたのは間違いだったんじゃないか」と言い出す。すると「探しに行こう」と誰かが言う。

ジョージアでは降ろしてから探しにいく」。なんて皮肉を言う人もいて、 ちょっとラテンアメリカ的なノリも。

 コロナ禍じゃあり得ない密と飛沫が飛びまくる大声の会話。あぁ、でも人間らしい。人間は意味のないような会話がたくさんあって生きているんだなぁ。って、

 昔、旅行したとき、ここまで喋りまくらないけど、近いことがあった。どこを走っているんだかわからない、トルコだったかな。

 

f:id:megmikke:20220220173939j:image この映画を観た岩波ホールは、今年7月に閉館が決まっている。ホールの廊下に貼られた、上映歴代作品のポスターたち。『マルチニックの少年』、懐かしい。この作品を観て、マルチニック(マルティニーク) に旅行した。

f:id:megmikke:20220220173945j:image 『オフィシャル・ストーリー』。インターネットもなく、アルゼンチンに関する情報もとても少なかった頃。
f:id:megmikke:20220220173942j:image 『八月の鯨
f:id:megmikke:20220220173951j:image 『サラーム・ボンベイ
f:id:megmikke:20220220173948j:image 『苺とチョコレート』
 この光景も、もうすぐ過去になってしまう。

 

【大食い】高級ブランド干物 『銀座伴助』銀座本店 その名の通り お味も絶品!

「高級ブランド干物」という文字に、軽く衝撃を受けた。そもそも「干物」に高級ブランドがあるのか!? とも思ったが、食べてみてわかった。

f:id:megmikke:20220327234339j:image 「高級ブランド干物」の文字は看板にも書かれている。
f:id:megmikke:20220327234341j:image 「彩り3種干物定食」(さば、赤魚、縞ほっけ) 2178円(税込) メディアで大人気メニューだそう。

f:id:megmikke:20220327234604j:image 切り身定食。ほっけだったと思う。もちろんおいしいんだけど、やや地味な見た目。次は「開き」を食べるぞ!と決意。

f:id:megmikke:20220423012225j:image いよいよその時が来た。「ランチ限定 伴助最高級開き定食 オススメ 特大とろさば開き定食」2420円(税込) 大迫力、映える見た目。もちろんお味も最高級。充実し過ぎたランチで、午後はややぼーっとしてしまいました。
f:id:megmikke:20220423012227j:image
f:id:megmikke:20220423012222j:image カウンター席に座って見上げると、芸能人のサインが飾られている。わかるだけでも...。

麒麟 川島明

戸田恵子

尾上菊之助

ハリセンボン はるな

片桐はいり

横澤夏子 などなど。

(敬称略)

歌舞伎座新橋演舞場も近いから、芸能人が多いのね。

 ちなみにご飯とお味噌汁は、お代わり自由。お味噌汁は大根など、お野菜たっぷり。味付けはお味噌汁、出汁、どちらも甘め。

 高級ブランド干物はお値段もそれなりなので、しょっちゅうはないにしても、1回は食べてみる価値あり!だと思います。

【映画】『ロスバンド』ノルウェーの少年少女たちがロック大会を目指して旅するロード・ムービー「文科省選定」だけど固くない!カッコいい!

 

f:id:megmikke:20220427003520j:image

f:id:megmikke:20220427002449j:image
f:id:megmikke:20220427002446j:image

f:id:megmikke:20220427004941j:image 映画『ロスバンド』公式サイト - カルチュアルライフ

 とにかく爽快な映画!もがきながら先に進もうとすればきっといいコトがあるって、思わせてくれる。

 大人になっても、それもかなり大人になったとしても、悩みは尽きない。でもいくつになっても悩みながら先に進もうとすれば、そのうちいいコトはやってくる。そんな経験則が確信に変わるような映画。

 主人公の少年少女たちはみんな悩みを抱えている。両親の不仲や、自分がやらせたいことを押しつける父親...。古今東西、いつの時代も人間は自己主張したがる生き物で、自分の考えを(特に子供に対して) 押し付けがち。若いコたちの悩みの根底は変わらないし、大人になっても似たようなものかも。

 昔は「文部省推薦」っていうと、唱歌的で堅苦しいイメージがあったけど、そういう意味では時代は変わった。確かに勧善懲悪的な面もあるけど、あまり身近ではないノルウェーという国の人々の生活や、風光明媚な風景が映し出され、彼らの言葉で語られる。ユーモアもふんだん。急にノルウェーに親近感を持ちました。

f:id:megmikke:20220410005653j:image

f:id:megmikke:20220410005659j:image
f:id:megmikke:20220410005656j:image
f:id:megmikke:20220410005650j:image  マッティン役のヨナス・ホフ・オフテブローは、写真で見るよりずっとイケメン。 ツイッターハッシュタグ #ロスバンド で検索すると、ポジティブな感想が出てくる、出てくる。

 お近くで上映の際、あるいはどこかで『ロスバンド』という映画のタイトルを目にしたら、ぜひ!観てみてにゃ。高確率で、爽やかな気分になれると思います。

 

観に行った日 2022/03/09 @シネマカリテ

【展覧会】香住ちゃんの個展に行ってきた 3年ぶりの再会 - 越智香住「ひとりあそび」

 2020年は中止、2021年は行けず、そして今年、3年ぶりに行ってきた。芸能人にも多くのファンがいて、インスタ等々SNSでシェアしてくれるそう。インフルエンサーもバッチリ! 

f:id:megmikke:20220423222249j:image 天気がよかったので換気も兼ねて?!窓全開。開放感があって気持ちいい。そんな雰囲気の中、スペイン サラマンカ時代の昔話をしたりした。かけがえのないひと時。

f:id:megmikke:20220423222302j:image
f:id:megmikke:20220423222239j:image 同じ作品だけど、角度を変えると、まったく違う表情になる。
f:id:megmikke:20220423222305j:image これまた、実物は色も表情もまったく違う。

f:id:megmikke:20220423222300j:image
f:id:megmikke:20220423222252j:image
f:id:megmikke:20220423222242j:image
f:id:megmikke:20220423222308j:image
f:id:megmikke:20220423222246j:image 外から展示を撮ってみた。ぜひ、実物を体験してみてにゃ。

2021年4月18日(月)〜27日(水)日曜休廊(4/24)12:00~19:00(最終日17:00まで)

越智香住 « スペースユイ

【大食い】「たらちゃん」サザエさんじゃなくて 東銀座のプゴク専門店

 オープンは昨年(2021年) 12月。J-WAVE クリス智子さんナビゲートの"Good Neighbors" で紹介されていたのを聞き、そそられた。

TOKYO PASSPORT / GOOD NEIGHBORS : J-WAVE 81.3 FM RADIO

 プゴクとは韓国の干し鱈スープ。アミノ酸が含まれているので、二日酔いに効き、お肌にもいいとか。スンドゥブや参鶏湯はすっかりポピュラーになったけど「プゴク」は、初耳。というわけで、行ってみた。

f:id:megmikke:20220327234028j:image 初回訪問は2月初め。場所はマガジンハウスの近く。店名の文字はなく、魚のネオンのみ。お店に入ると券売機があり、電子マネー系だけ使用可能。なんだけど、現金しかない場合は、アナログ対応も可能らしい。メニューはプゴク(定食)のみ。
f:id:megmikke:20220327234025j:image キムチ2種類(白菜、ネギ)、ご飯はお代わり自由。店内にはジャズが流れ、いい意味で整合性がなく、雰囲気よし。最初に出される水キムチは、栄養分が含まれているので汁ごと飲んだほうがいいそう。
f:id:megmikke:20220327234030j:image いよいよ本番、プゴク登場。ウワサに違わず、身体にやさしい味。それに初めて食べる気がしない。ざっくり言ってしまうと、干し鱈が入った玉子スープ。でもそれだけじゃない。飲んでいると、健康的栄養素を自然に取り込んでいる感覚になる。キムチはどちらも本格派。おいしくて、ご飯進む、進む。

 カウンターとテーブル2つ。行列しているコトも増えた。これからますます競争率が高くなりそう。平日のみの営業。7:00〜14:00 スープがなくなり次第終了だとか。平日、近くに行ったら、ぜひお試しを!

【ライブ】小泉今日子 TOUR 2022 KKPP (Kyoko Koizumi Pop Party) なんと!中野サンプラザ 前から3列め Kyon2と目が合いそうな近さ そしてキーワードはアップデートと循環

【ライブの模様は 2022/05/28 WOWOW で放映予定です。まっさらな状態で観たい人は、観終わってから読んでにゃ】

 

 

 

f:id:megmikke:20220403230820j:image 気づいたのは前日だった。「O列」(オー列)  だと思っていたチケットが、実は「0列」(ゼロ列)だった。感動の事実。

f:id:megmikke:20220403230859j:image ネットで検索してみると、前から3列めということが判明。ザ・コイズミを至近距離で、拝ませていただけることになった。ありがたい経験なのにゃ。https://www.sunplaza.jp/hall/seat/images/img_seat_l.pdf

 風のウワサには聞いていたけど、1980年代〜90年代の大ヒット曲を次々歌う。歌謡曲というジャンルがまだ現役だった頃の大人気アイドル、キョンキョンの真骨頂!プレイリストは、こんな感じ。

f:id:megmikke:20220405220016j:image
f:id:megmikke:20220405220013j:image
f:id:megmikke:20220405220019j:image
f:id:megmikke:20220405220021j:image LiveFans | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】

オープニングは 『The Stardust Memory』。『真っ赤な女の子』『ヤマトナデシコ七変化』『なんてったってアイドル』『あなたに会えてよかった』『月ひとしずく』『学園天国』などなど、小泉今日子のすべてがここに!状態。ま、ひとつだけ願いを書くと『素敵なラブリーボーイ』が聞きたかった。彼女の声はMCでは低くなっていたけど、歌うと昔と変わらないイメージ。

 加えて新たな発見も。例えば1989年リリース 近田春夫作『Fade Out』。この曲は今でもクラブでDJたちがプレイしていて(様々な解釈も加わり) 進化しているんだそう。

 懐かしいだけじゃ終わらないんだよね。どんどんアップデートしていきたい。みんなもそうでしょ?的に引っ張っていく。

「水が腐らないのは循環しているから」。歌だけじゃなくて、ザ・コイズミ女神様は、MCもすごかった。キーワードはアップデートと循環。昔を懐かしがって、昔を思い出しながら楽しむだけじゃなく、これからもアップデートしていこう!と言い切る心意気、カッコよかったなぁ。

 1991年開催の「SEXY DYNAMITE TOUR! ~MMK作戦」以来実に31年ぶりとなる全国ホールツアー。「セクシー・ダイナマイト・ツアー」って、時代を感じさせる〜。一昔前だったら、31年間のインターバルがあったら、次はないのが当然だったもんね。

 最初は2時間立っていられるか、声は出るか心配だったけど、やってみたら案外全然大丈夫だった、とは彼女の弁。

 31年ぶりのツアーの話が出たとき「あっ、夏のタイムマシーンだって思った」とか。そして改めて『夏のタイムマシーン』を聴くと響く言葉が昔とは違うことに気づく。想いが溢れる。ライブでも流れた新バージョンが、YouTubeにアップされていたので、リンクを貼っておきます。

小泉今日子 - 夏のタイムマシーン1982-2022 (Official Video) - YouTube

f:id:megmikke:20220403232040j:image

f:id:megmikke:20220403232037j:image
f:id:megmikke:20220403232043j:image
f:id:megmikke:20220403232046j:image
f:id:megmikke:20220403232032j:image
f:id:megmikke:20220403232034j:image

f:id:megmikke:20220403232156j:image
f:id:megmikke:20220403232205j:image
f:id:megmikke:20220403232153j:image
f:id:megmikke:20220403232202j:image
f:id:megmikke:20220403232208j:image
f:id:megmikke:20220403232159j:image ライブの佳境、1曲だけ、撮影自由な時間があった。で、歌い終えると「はい、撮影はおしまい。しつこい人はキライよ」とまたまた言い切り、Kyon2に嫌われたくない元男のコたちは、慌ててスマホをしまっていた。

  今回のライブで、80〜90年代若の小泉今日子のヒット曲が、どれだけあたしに染みこんでいたかがよくわかった。あの頃、一緒に遊んでいた友達が歌ったカラオケとか、実家の近くのレンタル・レコード屋さんの店内とか、様々な風景が蘇ってきた。

 このタイミングで、ライブを観れて本当によかった。『あなたに会えてよかった』を地でいく気分。

 

2022/03/30 中野サンプラザホール

【散歩】桜2022 東銀座と築地 そして近所


f:id:megmikke:20220402203042j:image 采女橋(うねめばし)公園向かいの小さな桜。気が早いタイプで、この写真を撮った3/21には満開状態。いち早く桜の季節を知らせてくれた。

 ちなみにGoogle先生によると、今年、東京の桜の開花日は3/20、満開日は3/27。桜が散る季節は開花日から約3週間後なんだそう。

f:id:megmikke:20220402235934j:image 3/24の同じ桜。白いビルは、時事通信社

f:id:megmikke:20220403000600j:image 3/28、隣りの大きめの桜が満開に。
f:id:megmikke:20220403000549j:image
f:id:megmikke:20220403000603j:image
f:id:megmikke:20220403000557j:image 

f:id:megmikke:20220403001309j:image 3/29、同じ桜の夜桜。
f:id:megmikke:20220403001312j:image
f:id:megmikke:20220403001315j:image

f:id:megmikke:20220403013043j:image それにしても、采女って読めないよね。うねめ。

f:id:megmikke:20220403001144j:image 3/29、市場橋公園。
f:id:megmikke:20220403001153j:image 桜の季節のいいところは、ふと通りがかった小さな公園にも、美しい桜が健気に咲き誇っていることだと思う。
f:id:megmikke:20220403001147j:image 天気はいまいちだったけど、満開中の満開。

f:id:megmikke:20220403001151j:image

f:id:megmikke:20220403002317j:image
f:id:megmikke:20220403002328j:image 4/1、祝橋公園。まだ満開だけど、そろそろ花吹雪の足音が。
f:id:megmikke:20220403002322j:image
f:id:megmikke:20220403002325j:image
f:id:megmikke:20220403002319j:image

f:id:megmikke:20220403002602j:image
f:id:megmikke:20220403002559j:image
f:id:megmikke:20220403002550j:image 同日、築地川銀座公園。名誉セラピードッグ認定1号犬「チロリ」の銅像ブルースマン 大木トオルさんの名前も。
f:id:megmikke:20220403002553j:image

f:id:megmikke:20220403002545j:image 数十年に1回しか咲かない竜舌蘭が咲いている!という話を聞いて、行ってみた。アガベベネズエラという種類だそう。開花はしたが、満開までの道のりは未知だとか。また、時々行ってみよう。

築地川銀座公園 アガベ・ベネズエラ(リュウゼツラン)について 中央区ホームページ
f:id:megmikke:20220403002605j:image そして桃の花たち。
f:id:megmikke:20220403002548j:image

【近所篇】

f:id:megmikke:20220403002128j:image
f:id:megmikke:20220403002131j:image

f:id:megmikke:20220403011201j:image
f:id:megmikke:20220403011204j:image
f:id:megmikke:20220403011158j:image

f:id:megmikke:20220403011248j:image
f:id:megmikke:20220403011253j:image
f:id:megmikke:20220403011250j:image
f:id:megmikke:20220403011258j:image 桜の季節になると、自転車で近所をまわっている。今年は1か所、大きな変化があった。長いこと空き地になっていた場所に咲いていた壮大な桜。共同住宅をつくる工事が始まっていた。枝を切られ、桜は約半分になっていた。残してほしい。残すとしても、老齢に見える桜が環境の変化に耐えられるかなぁ。

 心配だけど、祈ろう。

【大食い】巧匠(チャオジャン)銀座店 コスパ秀逸だけじゃない 本場のお味 台湾旅行している気分にも

 

f:id:megmikke:20220327232149j:image

f:id:megmikke:20220324083323j:image 初めて行った日に食べた「海南鶏飯セット(750円)」。右にあるのは、玉子スープ。

 おいしい、ボリューミー、リーズナブルと三拍子揃ってる。台湾の食堂にワープしたみたいな店内の雰囲気もグー😃 ちょいとチープだけど、それも好み。

f:id:megmikke:20220327232515j:image 回数を重ねてわかった。どのメニューもおいしい。町中華よりも本場に近いお味。八角系の香りにもウットリ。

 特に1)豚ゴロ角煮の煮込みはリピート中。1)と2)鶏肉の麻辣ソース 5) 汁なし麻辣麺 6)海南鶏飯セット が定番、3)と4)が週替わりのよう。週替わりは種類豊富、食べ逃すとなかなか次がやってこない気がする。

f:id:megmikke:20220327234121j:image 定食はそのままだと、ボリュームが足りない人もいるかも。そんな時は、1)〜4)を一品おかずとして+300円で追加できる。

f:id:megmikke:20220328000719j:image つまり豚のゴロ角煮の煮込み定食(550円)に、エビチリ玉子炒めを一品おかずで追加(300円)すると、850円でボリューミーな本格系台湾中華定食になります。

 ちなみにご飯は大盛りも、お代わりも追加料金なし。お代わりだと「少しお願いします」と力をこめて伝えても、どーんと盛り付けてくれる。最初っから大盛りだと、ややご飯多めが可能。

 次回は、まだ未踏の「鶏肉の麻辣ソース」にしよう。

追記: 2022/04/11

f:id:megmikke:20220411232128j:image 
f:id:megmikke:20220411232132j:image というわけで、やっと!まわってきた「エビ野菜豆腐ご飯」。今回は「鶏肉の麻辣ソース」と組み合わせてみました。満足なのにゃ。「鶏肉の麻辣ソース」は定番なので、思わずリピートしちゃいそう。(食べた日は 2022/04/1)