!体脂肪2.1kg減 筋肉1.7kg増!

去年の食欲の秋、欲望に任せて食べてたら、2kg増えた。

「もう、ここまで来たら(歳も歳だし)食べたいものは食べておけばいいんじゃない?」という意見もあったけど、お正月明け、減量を決意。

ちょうどそんなころ「世界ふしぎ発見!」を観てたら、毎日、ヨーグルト300g+オリゴ糖12g、野菜350gを摂取して、20日間で数キロ落ちた!って実験をやっていた。最近、よく耳にする「腸内フローラ」が作られるんだそう。

惹かれたのは、ヨーグルト、オリゴ糖、野菜の規定量を守っていれば、他は何を食べてもいいし、野菜の種類も問わないこと。それならいけそう。

ブロッコリー、ジャガイモなど、重そうな野菜を買ってきて、せっせと炒める。ドカーンと3日分作って、せっせと食べる。胡麻油もオリーブ油も、大さじ1杯で約120kcalあるそうなので、今さらだけど、今どきの焦げつかないフライパンも購入。油は香りづけ程度に。

左が昭和系フライパン。右が現代。

普段ほとんど料理らしいコトはしないので、美味とはほど遠かったけど、おいしいおいしくないにかかわらず、作ったものは残さず食べる。

が、20日間が過ぎても、体重にほとんど変化なし。

ただ、なんとなく腸の調子がいいような感触があって、野生の勘が続けてみたら?って囁くので、継続。

1か月近く経って、重要なコトに気づいた。体重が落ちても、体脂肪率が落ちなかったら無意味。並行して軽めの筋トレはやってたけど、体脂肪量も筋肉量も計ってなかった。

ティップネスには体脂肪計の上位機種的存在 In Body という機械があって、筋肉量、体脂肪量、体脂肪率はもちろん基礎代謝量、ウェストやヒップ、腕や太もものサイズまで、体重計のようなものに乗るだけで、ズバッとプリントアウトしてくれる。

最近、体脂肪量が増加傾向だったので、ついつい縁遠くなってたんだけど、意を決して計り、(モノ持ちがいいので、保管してあった)10年前のデータと比較してみたら、ガビーン!

体重は1.7kgしか増えてないけど、筋肉量が2.1kg減り、体脂肪が3.8kg増えてました。(^^;;(^^;;(^^;;(^^;;(^^;;

ランチはトンカツもブッフェも食べ、ゴハンもお代わりするけれど、夜はひたすら野菜炒めとヨーグルト。炭水化物は極力抑え、食べないか、少なめ。そしたら、エクササイズ後の天ぷらソバは、自然と欲しなくなった。

やっぱり老舗は明治ブルガリアヨーグルト!新興勢力 朝食Bifixもおいしい。半額おはぎも食べられる喜び(^^)

筋トレは、腹筋、背筋、スクワットを10回 X 2セット程度、軽めのメニューをほぼ毎日。あと壁立て伏せを少々。

壁立て伏せは、腕立て伏せを壁に向かってやるイメージ。腕立て伏せだと筋肉モリモリのマッチョのイメージがあるけど、壁立て伏せなら、自分で負荷が調節しやすく、程よくキツくできるのね。二の腕だけじゃなく、バストアップにも効果があるらしい。

そして風薫る5月、ようやく数値が出てきた。

3か月前と比べて、
体脂肪量 2.1kg減
体脂肪率 3.3%減
筋肉量 1.7kg増
ウェスト 2.3cm減
ヒップ 2.4cm減
基礎代謝 1291 → 1330にアップ

In Body で計測し、プリントアウトされた紙を見たときは、思わずニマニマ:)

なんか、深夜の通販番組みたいになってきた(^◇^)

せっかくここまで来たので、10年前の数値に戻すのを目標にもうちょっとがんばってみよう。

10年前の数値まで、
体脂肪量 あと1.7kg減
体脂肪率 あと2.1%減
筋肉量 あと0.4kg増

ま、機械の誤差もあるかもしれないし、乳製品はあんまり摂るとよくないという説もあるし、がんばり過ぎない程度に、3〜4か月をメドに達成できるように。

「もう鍛える時代は終わった」と、特に根拠もなく思ったりして、このところティップネスには行ってても、リラクゼーション中心だった。しかし、加齢とともに、将来的に介護状態にならないためにも^_^; 筋肉はとっても重要なんだそう。免疫力にも関係しているし。さ、改めて筋肉を意識していこう。

◆ミッケのひと言
あたしも減量したほうがいいかにゃ〜。
ま、いいっか、ネコだし。福も招いてるし。