東京 消えゆく昭和の名建築 日本ビルヂング

首都高で、新宿から箱崎方面へ。呉服橋の手前あたり、左手に日銀、右手にこのビルが見えてくる。あまりの昭和感に、一度、行ってみようと思ってた。


ビルの近くに行ってみたら、あらら、何度も通ってた場所でした^_^;。首都高からの景色と、路上の風景が一致するの巻。

乗用が22基もあるというエレベーターホールなど、内部は重厚。東京駅直結って、当時は珍しかったんじゃないかな。

名前が日本ビルヂング、地下の駐車場は日本パーキングセンター。オリンピックに向かって突進する当時、日本を代表する、最先端の大規模オフィスビルだったのね。

そうそう、ビルディングじゃなくて「ビルヂング」。

ウィキペディアによると、設計者は三菱地所、竣工は1962年7月。今月(2016年3月)末で、閉館になり、再開発予定。

左側のビルは、本文とは無関係です。