傷だらけの天使 ロケ地に行ってきた。

代々木会館。
オサムは屋上のペントハウスに住んでいた。代々木駅前、ホントに改札からすぐのところ。たまたま検索してたら、このビルがまだ残っているという話を見つけ、壊されないうちに、さっそく。

ビルの脇にまわると、こんな感じ。かなりの廃墟感だけど、まだ営業している飲食店もある。




正面は、こんな感じ。気になったのは「東豊書店」という中文書店。
(下の写真を拡大すると表札?があります)



こりゃ、入ってみないわけにはいかにゃい。香港の重慶マンションに潜入?したときのように、いざ!木の階段を登ってみた。


最近、めったに見ないタイプ、昭和な郵便受け。2階の飲食街は、もう営業していなかった(と思う)。甘利じゃないけど、多少記憶曖昧。

っていうのも、この階段、傷だらけの天使が放映されていた当時にタイムスリップしたような、時空を超えてるような、フシギな雰囲気。今にも、岸田今日子が、上から降りてきそう。


iPhoneを握りしめたら、シャッター音が鳴り響き、あせった^_^;

DVDを見直してみると、オサムちゃんは「アヤベのババア」なんて呼んでたし、当時、大人の女性はみんなババアだと思ってたけど、今、見ると若いなぁ、岸田今日子さん。岸田森さんなんて、まるで青年。

街中の路地を歩いていると、ふと、オープニングテーマが聴きたくなったりすることがある。今なら、YouTubeでカンタンだけど。

この建物の前は、何度も何度も通ったのに、気づかなかった。権利が複雑に入り組んでて、壊せないっていう説も。

屋上のペントハウスを見たくて、近くのビルに2つほど登ってみたけど、エレベーターホールからは見えず。もし、ペントハウスを見下ろせる場所を知ってたら、教えてにゃす。