昭和

3月のミッケ + 南阿佐ヶ谷のレトロな喫茶店

春なのにゃ。いつも眠いけど、春の昼間は、とりわけ眠いのにゃ。 でも、テレビの情報番組でニュースキャスターが、先っぽが赤い棒でグラフを指しながら解説しているのを見ると、居ても立っても居られなくなり、思わず飛びかかってしまうのにゃ。 すると形相…

人生初!京成高砂エリア キーワードはレトロ

世界含め東京も、けっこうあちこち行ったほうだと思うけど、葛飾区は寅さんゆかりの帝釈天と立石を除き、ほぼ未踏。高砂に至っては、人生初! 駅前の中華料理屋さん。さほど期待せず入ったら(すいません)、本格的な土鍋麻婆豆腐登場!多少塩気が強めだったけ…

古い建物の響き2016@横浜市開港記念会館 講堂

「古い建物の響き」というライブがあることを、ラジオで聞いた。なんて、魅惑的なタイトル!!! レトロ感満載の雰囲気に包まれながら、ライブを体験できるなんて! 大正6年竣工の横浜市開港記念会館、講堂と内部はこんな感じ。 演ずるは、二階堂和美withジ…

テルマエロマエに登場 稲荷湯

久しぶりの板橋。 散歩するつもりは全然なかったけど、板橋駅で地図を見かけたら「テルマエロマエのロケ地」の文字。 散歩好きの本能がメラメラ。 きつね塚通りは、いい感じに昭和。 お肉屋さんのメンチカツも、なつかしい味。油っぽくなくて、おいし〜(^^) …

明治8年以降で初!11月の積雪@東京+2016秋

(昨日11/24) 54年ぶり、11月の東京に雪が降った! それだけでもスゴイのに、東京都心でもほんのり積雪が観測されたそう。これは明治8年(1875)の統計開始以来、初めてだっていうからビックリ。亡くなった祖母でさえ、明治45年生まれだもんなぁ。あたし自身、…

ライブ 大西ユカリ@下北沢ガーデン

大阪発、コッテコッテの昭和歌謡を歌わせたら、間違いなく世界一。ニューアルバム "EXPLOSION"をひっさげて、東名阪福岡を大絶賛ツアー中! 一度見たら忘れられない、この髪型、このファッション、鋭い眼差し。 カバーは直球。朱里エイコ「北国行きで」を久…

Coccoライブ@人見記念講堂

つつみこむような、やわらかさで始まったライブ。ザクザク尖ったCoccoは、中盤ごろ現れたけど、全体的には伸び伸び、おおらか、おだやかな印象。しなやかで。 そのミュージシャンの、どの時期に観るのかによって、ライブの印象は全然変わってくる。 デビュー…

瞬間 青梅トリップ

仕事で奥多摩に行くことになった。往復約5時間。それだけじゃもったいないので、電車を1本早めて、青梅散歩45分一本勝負! 青梅といえば、昭和。駅に降り立つと、構内からすでにレトロな映画の手描き看板オンパレード(この表現も昭和か^m^)、昭和祭りの…

小川美潮 生歌

1980年といえば、時代はニューウェーブ。日本でもテクノの影響を受けた、いろ〜んなバンドが弾けてた。 有名どころだと、YMO、ジューシー・フルーツ、シーナ&ザ・ロケッツあたり。ちょいとマイナー系だと、ヒカシュー、近田春夫&ハルヲフォン、ビジネス(ボー…

パルコ(一時)閉店 SHIBUYA, Last Dance_

PARCOができたころ、まだ小学生だったあたしは、強烈な憧れを抱いた。マキシスカートやパンタロンを着こなした、カッコいいお姉さんたちが闊歩していた時代。秋川リサとかね。 山本リンダの「どうにもとまらない」が発売されたのが1972年。秋吉久美子の「赤…

オトナのとんかつ@御徒町

ひさびさの御徒町。吉池の新しいビルはとっくに完成。ユニクロやGUが、テナントとして入っている。 平成モード全開の駅前から、ほんのちょっと歩くと、天ぷら屋、寿司屋、佃煮屋などが軒を連ねる昭和な一角が。 そして小津安二郎も常連だったという、伝説の…

八代亜紀 Bluesを唄う

スパンコールがキラキラ輝くロングドレスで登場した彼女、1曲めは "Saint Louis Blues"。そして B.B.King "The Thrill Is Gone"へと続く。 今さらながら、気づいた。アメリカのブルースも、演歌も、根っこは地球の土に生えている。そして、彼女は彼女の世界…

旧洲崎パラダイス

図書館の通路を歩いていたら、旧赤線などの歴史的な風俗を特集した書棚発見。はぁぁ、こういうコーナーってあったのね。 で、「赤線跡を歩く〜消えゆく夢の街を訪ねて」という本を借りてみたら、意外な場所が旧赤線だった。例えば、芝浦や五反田、調布などな…

築地市場の事務室

築地市場にはレトロな事務室があると、どこかで耳にし、行ってみることにした。今年、2回めの築地場内。念のため、事前に電話で問い合わせたら、見学は自由とのこと。 せっかく丁寧に対応してくれたのに、広大な築地市場のどこに事務室があるのか訊くのを忘…