2018年W杯〜食欲以外の欲が消滅するほど夢中

この1か月弱、生活の中心はワールドカップ。食欲以外の欲はなくなった。睡眠よりサッカー、眠くならないためにおやすみ前のビールも控え、映画を観たいという気持ちにもならず、ライブに行きたいとも思わない(波乗りだけは行ってる)。 本当にどうでもいいコ…

mimiの思い出

mimiが旅立ったのは、2012年6月29日。あれから、もう6年も経ったんだなぁ。早かった。今年もmimiと ちい が眠る、深大寺へ。 去年、昔々デジカメで撮った写真を整理してたら、mimiの写真がたくさん出てきた。AmazonのPrime Photosでmimiのアルバムをたくさん…

シャンシャン写真展@PARCO_ya 上野+松坂屋

久々の御徒町。お手洗いを借りにPARCO_yaに行くと「シャンシャン写真展」をやっていた。2階のエスカレーター脇にパンダの親子写真が16枚。ささやかな展示だけど、なごむ〜。シャンシャンの無邪気な笑顔?を見たら、肩の力がすーっと抜けていった。 実は今ま…

神田明神近くの隠れジャポネスク・カフェ「井政」

仕事中、歩いていたら、情緒溢れるジャポネスクなカフェ発見! ステキ過ぎる...。土日休み、営業時間11:00-16:00。今、入らないで、いつ入れる? お茶することにした。 入ってよかった!ため息が出るほど、キレイに保存された超日本的な店内。 千代田区指定…

門前仲町〜歩いてたら突然、鉄橋現る!旧弾正橋(八幡橋)

門前仲町から北に向かって歩いていたら、突然、鉄橋が見えてきて、ビックリぽん。 「八幡橋は、明治11年(1878)わが国において、最初に日本製の鉄を使って造られた鉄橋で、国の重要文化財や東京の著名橋となっています」と書いてある。 もともとは旧京橋区(中…

【映画】ラジオ・コバニ〜 ISに破壊され尽くしたシリア北部の町で、女子大生がラジオ局を作った!

破壊され、瓦礫になってしまった町が、上空から映し出される。 人間だったということがわからないほど痛んだ遺体が次々と掘り起こされ、無造作に片付けられていく。黄色と黒の躯体「CAT」のショベルカーで。 『ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、大…

【大食い日記】秋葉原第二弾!御徒町・御茶ノ水までエリア拡大 【アーンドラ・キッチン】【炎蔵】【あけびの実】and more !!!

秋葉原から徐々にエリア拡大。御徒町や御茶ノ水にも足を延ばしてます。で、出会ってしまいました。究極の南インド料理店。 【アーンドラ・キッチン】お昼過ぎ、歩いてて見つけ、入ろうとしたら、行列。検索したら「食べログ」3.75。こりゃにゃんとしてでも入…

【ライブ】TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズ アリーナ

2018/05/05 NakamuraEmi 「日記みたいな歌を作っているシンガーソングライター 」と自己紹介していた。私小説が歌になったような、独特の感性で、彼女にしか感じとれないコトを、彼女にしかできない言葉の連なりで表現する唯一無二の存在。今に寄り添う時代…

ミッケ6歳 甘えん坊のヒミツが今、明かされる!

公園で生まれなので、正確なお誕生日はよくわからないけれど、5月生まれらしく、6歳になりました。5年前、ママと暮らし始めたころは、まだ幼さが残ってたのにゃ。 それが最近は、こんなにオトにゃんこ。 そんなある日(どんなある日?)、ママが「ねこのきもち…

【ライブ】井上陽水〜歌のみならず 独特な表現に満ちたMCも堪能

入場する列の脇に立ち、破ったノートの一頁を持って立つ年配の女性。その紙には、手書きで「どうしても、このコンサートが見たいのです。どなたか譲ってくださいませんか」と書かれていた。申し訳ないけど、譲れないけど、こんなにも観たい人がいるチケット…

【映画】イタリア映画祭2018「フォルトゥナータ」〜ネタバレあり

夫の暴力で結婚生活は破綻。フォルトゥナータは闇で訪問美容の仕事をしながら、一人娘のバルバラ(8歳)を育てている。自分の美容室をオープンする夢を実現するため、寝る間も惜しんで奮闘しているが、留守がちな母に不満を持つ娘は反抗的で、精神的にも不安定…

終わりは始まり〜閉店の貼り紙

東京を歩いていると、閉店の張り紙を見かけることがある。手書きだったり、プリントアウトだったり、短い文章だったり、長かったり、ガムテープで貼られていたりと様々だけど、ひとつひとつの言葉が胸を打つ。涙が出てくる。 理由は店主の高齢化や、再開発が…

【ライブ】石崎ひゅーい「歌ってみんなをしあわせにしたい」

J-Waveの番組を聞いていて、たまたま、ひゅーい君のフリーライブがあることを知った。これはご縁だと思い、代々木公園へ。 デビュー曲の「第三惑星交響曲」を初めて聞いた時、清々しくて、爽やかなのに、泣けてきた。歌い上げるタイプの男性シンガーは、あん…

2018年4月の海 材木座 吉浜 志田下

いつも行っている場所じゃない海に入ることが多かった4月。波も、雰囲気も、景色も変わって、新鮮。 材木座は2週続けて入った。強風続きだったなぁ。夕焼けに浮かび上がる富士山。目で見るともっとずっと大きくて、神々しかった。 その日はドライブ日和。無…

【大食い日記】男飯だけじゃない!秋葉原大特集

縁あって?最近はもっぱら秋葉原近辺でランチ。ラーメンを筆頭に、オトコメシが多いイメージだけど、実際多かった(^_-)。それにしたって、お店は星の数ほどあって、よりどりみどり、選ぶ愉しみに満ち、日々ささやかな冒険。しかも歩いているだけでも、ワクワ…

【ライブ】あいみょん 未完成な大物感 官能小説がベース? 歌詞もすごい

照明が落ち、暗闇の中浮かび上がったステージ。流れてきた曲は、にゃんと!フィンガー5の「恋のダイヤル6700」。1995年生まれ、彼女のライブは、この曲からすべてが始まった。 曲調は、想像以上にフォーキー。アコギを弾きながら、さらりと歌う。でも、歌詞…

ユニクロのTシャツ〜2000年代半ば購入(備忘録)

2000年代半ばに購入後、着まくって、部屋着、海着になり、大活躍。が、いよいよ首まわりも破れまくってきて、引退することに。大好きなデザイン(ミッケ乱入)。

ミッケに初夏がやって来た〜毛取りグローブ

おひさしぶりです、ミッケでしゅ。春を通り越して、まるで夏のような気候。ママはすっかり夏気分☀️ あたしには早くも「毛抜けの季節」がやってきました。で、ママが手に入れたのが、これ。毛取りグローブ。 一昨年の夏、胃に毛玉がたまり、動物病院に通うハ…

越智香住 個展 ひそやかな女神たち

スペイン、サラマンカでのプチ留学時代の友達、香住ちゃんの個展に行ってきた。ほんわりやさしく、まるーいフォルム。ふわっと土の香りが漂っているような、自然の中での生活を感じさせる穏やかな作品たち。ギャラリーの中では、ゆったりとした時間が流れて…

犯人逮捕の瞬間に遭遇!(ミッケのコメント付き)

ある日、とある住宅街の駐車場で人を待っていた時のこと。すぐ近くの路上で、若いサラリーマン風の男性が、おばあさんに無理矢理スマホを押し付け、電話で話させようとしている。「なんかヘンだ」と思いつつも、自分のスマホに気を取られ、ちょっと目を離し…

【映画】欲望の翼(1990年 香港)

ウォン・カーウァイ監督を知ったのは、普通に「恋する惑星」だった。金城くんの初々しいオトコらしさ、跳ねるフェイ・ウォン、重慶マンションでの撮影は許可を取らずに隠し撮りした?という伝説もある、手持ちカメラのうごめく映像美。この作品を観て、バッ…

2018 さくら 夜桜一番 with ほぼ満月@五反田

今年の夜桜一番は、五反田の目黒川沿い喫煙所。ケニア料理を堪能させていただいた後で。

【散歩】ザ・キング・オブ銭湯「大黒湯」みどり食堂 そして旧千住郵便局電話事務室

初めて降りる、千住大橋駅。去年はよく足立区に行ったけど、まだまだ未開拓多し。 好みな、ひなびた感じ。 お目当てだった「みどり食堂」は、おやすみ。出直すことにして、散歩開始。 足立市場のすぐ隣に、奥の細道の史跡発見!千住は、奥の細道への旅立ちの…

【映画】あなたの旅立ち、綴ります (ネタバレあり) -最近観た映画で一番泣いた!-

広告業界で成功し、裕福な老後を送っている老婦人ハリエット(シャーリー・マクレーン)。何事にも超強気で、他人に対しても超ハッキリとモノを言う彼女は、何不自由なく暮らしているが、80歳を超え、孤独と死への不安を感じるようになる。 そんなある日、たま…

2018 さくら 日本橋→大手町

日本橋のさくら通りから、大手町へ。線路を渡ると、日本一のオフィス街。ひさびさに来たら、ド迫力。首がほぼ地上と垂直に上を見る。「丸の内サディステック」は、今は昔?! 大手町タワーで、バリバリ働いてみたい(^_-)。 日本橋 さくら通り。 日本橋高島屋…

お寺カフェ「ぼうず'n coffee」@池袋 祥雲寺

1週間に1回くらい開店している、お寺カフェ。ちょうどタイミングがあって、初体験。うっとりするような室内の雰囲気、庭園、そして丁寧な接客とおもてなし。日本の文化って、カッコいい!

2018 さくら@西新宿 常円寺

近所にもステキな桜が! 夕方だったので、またまたちょっと幽玄。ライトアップして、無料開放してくれるなんて、太っ腹!

2018 さくら 人生初の皇居乾通り一般公開

大手町に行ったとき、たまたま皇居が一般公開されていることを知り、足を踏み入れたら、筆舌に尽くしがたい素晴らしさ! 快晴ではなかったけど、薄曇りの下で見る桜は、ちょいと幽玄の世界。ってなわけで、40枚の写真、一挙掲載! 宮殿 - The Imperial Palac…

【ライブ】ぼくのりりっくのぼうよみ

先月、20歳になったばかりにもかかわらず、すでに3枚のアルバムをリリースしている彼。印象的なアーティストネームは、音楽活動を始めたころ、ラップが「棒読み」だったことに由来しているとか。 新しい音なのにどこか懐かしさを感じさせるメロディ、ラジオ…

半年ぶりのエクスタシー@一宮

湘南のゆる〜い波で、メローにレイドバックして楽しんでいこうと思ったのは、つい先週。すでに物足りなくなり、やって来ました一宮。 去年は10月の半ばに急に寒くなり、11月前半から冬休みに入ったので、一宮は約半年ぶり。以前だったら大好きな胸肩サイズ、…